事業用操縦士免許の取得


有償、事業や輸送といった目的で飛行するために取得しなければいけない事業用操縦士免許。自家用操縦士免許と同じく国土交通省管轄の国家資格ですが、この免許を取得するには自家用操縦士免許と同じように1年間に2回行なわれる学科試験と実地試験を突破しなければいけないほか、日本事業用操縦士の学科試験と実地試験をクリアしなければいけません

この免許を取得する場合にはまず、航空無線の免許を取り、ヘリコプターの操縦訓練を受けるための許可を得るのに必要な書類を国土交通省に対して提出します。また、同時に身体検査を受けて健康面に異常がなければ訓練を受けることが可能です。

そのあとにはスクールに行って、操縦訓練と座学をこなしていくことになります。操縦訓練と座学のスケジュールをすべて消化したあとには自家用操縦士免許と同様の学科試験を突破し、さらには実地試験をクリアする必要があります。ここでまずは自家用操縦士免許を取ります。

事業用操縦士免許の場合はここで終わりません。さらに日本事業用操縦士の学科試験と実地試験を突破してようやく、免許を取得することができるのです。日本事業用操縦士の試験は、多くの飛行経験を積まなければいけないことが条件として含まれています。

About 管理人