日別: 2017年8月10日

ヘリの操縦士免許が必要


ヘリコプターの操縦士になるには、免許を取得しなければいけません。国土交通省管轄の国家資格である、自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の2種類が、ヘリコプターのパイロットになるための免許としてあります。当サイトでは、自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の取得のしかたなどを解説させていただきますが、ここではまず、この2種類の免許がどういうものなのかを説明させていただきます。

まず、自家用操縦士免許とは何かについてですが、これは個人の範囲内で無償でヘリコプターでの飛行を楽しみたい場合に取得する免許です。これに対し、事業用操縦士免許は、企業が事業や輸送といったことを目的として、有償で飛ぶために取得しなければいけない免許です。車にたとえると、自家用操縦士免許は自家用車、事業用操縦士免許はタクシーというとわかりやすいのではないでしょうか。

なお、ヘリコプターの操縦士になるための免許は、自動車の免許取得を自動車学校に通って目指すように、パイロットスクールに通って取得を目指すことが可能です。スクールは日本国内と海外にあり、どちらで取得してもかまいません。しかしながら、国内のスクールに行く場合と、国外のスクールに行く場合とでは異なるメリット・デメリットがあります。

このサイトでは先述したように、自家用操縦士免許や事業用操縦士免許の取得のしかたを解説するだけでなく、国内外のスクールにはどのような特徴の違いがあるのかも解説しています。ヘリコプターの操縦士を目指したいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。