国内外のスクールの違い


ヘリコプターの操縦士免許を取得するためのスクールは、日本と海外にあります。国内のスクールに行っても、国外のスクールに行ってもかまいません。しかし、国内外のスクールには特徴の違いがあります。

まず海外のスクールですが、費用は滞在費を含めて国内より安上がりになることが多く、取得までに要する期間も短いです。また、試験の難易度も国内に比べて低くなっています。しかし、現地の言葉でコミュニケーションをとったり、読み書きをしたりする能力がなければ厳しいです。また、仕事に就いている人は長期にわたる休暇を取って海外のスクールに行かなければいけません。そのほか、操縦免許を国外で取得した場合、日本で使うには国内免許への切替が不可欠で、その際には追加で試験を受けて合格する必要があります。

これに対して国内の操縦士免許を取るためのスクールですが、海外のスクールの特徴とは真逆の特徴があります。取得のために費用や時間がかかること、試験の難易度が高いことがデメリットといえます。しかし、英語などを話せる必要はなく、仕事がある人も週末を使って受講するなど、長い休みを取る必要もありません。国内免許への切替や切替に伴う追加試験も受けなくても良いです。

About 管理人