自家用操縦士免許の取得


無償、個人の範囲内で飛行するために必要になるのが、自家用操縦士免許です。この免許は一体どのような段階を経て取得することができるのでしょうか。以下にまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

自家用操縦士免許を取るにはまず、国土交通省にヘリコプターの操縦の訓練をする許可を得るための書類を提出すると共に、身体検査を受けます。視力など健康状態に問題がなければ、ヘリコプターの操縦をする訓練をスタートすることが可能です。

。学科試験と航空無線試験を突破すると、そのあとには実地試験を受けることになり、クリアすれば自家用操縦士の免許を取得することができます。取得までに要する期間はスクールによって差がありますが、半年~1年間はかかることが多いです。

なお、操縦の訓練は受ける人によって時間数に差が生じます。多くの時間を必要としない人の場合は40時間ほどですが、時間がかかる人では倍以上の100時間ほど訓練を受けることになる場合もあります。座学に関しては、100時間ほど受けることになるでしょう。

About 管理人